二重整形の費用は安い!【ほとんどが日帰りでできる】

施術で大きな瞳をつくろう

目元

腫れぼったい瞼もすっきり

外国人と比べると日本人は目が小さく平坦な顔の人が多くなっています。その為、毎日メイクを一生懸命行っている人も多いのではないでしょうか。目元はメイクで印象を変えることが出来ますが、お風呂など入ってしまえば取れてしまいます。そこでおすすめするのが二重整形です。二重整形には種類がありますが、メスを使った切開法とメスを使わない埋没法があります。埋没法は糸で瞼を数箇所留めて理想的な二重ラインをつくる方法です。糸の留め方は各クリニックで取れにくい様に工夫しています。基本的に留める箇所が多ければその分糸が緩みにくく取れにくくなりますが、その分腫れが強く出てしまう場合もあるでしょう。埋没法は針と糸を使用して施術が行われる為、傷跡も目立ちにくく腫れも切開法より少なくなっています。費用相場は約10万円程度ですが、クリニックによっては1万円など安い値段設定のところもあるでしょう。この場合、オプションで他に費用が発生する場合もあるので、事前に下調べをすることをおすすめします。切開法はメスを使って瞼を切開し二重をつくる方法です。瞼の余分な脂肪も施術中に取り除くことが出来るので、どの様な瞼の人にも適している施術でしょう。また、幅を広く取ってしまうと埋没法の場合糸が緩みやすくなってしまいますが、切開法は平行型の幅広い瞼であってもしっかりラインを維持することが出来るでしょう。メスを使う分腫れが大きく出てしまいますが、1週間程度でその腫れも落ち着きます。費用相場は25万円から30万円程度になっており、永久的にぱっちりとした目元をつくることが出来るでしょう。二重整形は目元のコンプレックスを解消することが出来る施術です。施術をする際も腫れが出にくい様に各クリニックでは工夫をしており、特に埋没法はあまり腫れない場合もあります。ただし腫れが出るかどうかは個人差が大きい部分なので注意が必要です。また、幅を広く取れば取る程腫れやすくなるので、施術後はアイシングをしっかり行うことが大切でしょう。二重をつくることで顔全体をはっきりと見せることが出来ます。ナチュラルメイクでも済む様になりまるでしょう。また、二重整形を行う場合、クリニック選びが大切になります。各クリニックによって施術の方法や費用が異なるでしょう。つい費用部分に目が行ってしまいがちですが費用面だけでクリニックを選ぶのは危険です。やはりクリニックによってドクターの技術力や評判が異なる為、きちんと腕の良いドクターがいるクリニックを見つけることが大切です。費用が安いということは、安くすることで人を集めたいということかもしれません。腕の良いドクターがいるクリニックであれば、費用など関係なく口コミで多くの人が施術を受けにくるでしょう。美容整形の中でも二重整形は大変人気の施術であり、自分に合う施術の方法を選ぶことが出来ます。施術を受けることでメイク無しでも自信の持てる目元を手に入れることが出来るかもしれません。ただし施術を受ける場合は、安心して施術を受けることが出来るクリニックがどうかじっくり選ぶことが大切です。その為にも口コミサイトなど有効活用して、ぜひクリニック選びに役立てましょう。